低血圧 チェック

【スポンサーリンク】

低血圧の原因ストレス度は?

低血圧対策として、あなたはストレスを感じやすいほうですか?

 

「私って小さなことですぐくよくよしちゃう。」
「俺って何でもないようなことをずっと引きずってしまう。。」

 

なんて思ったことはありませんか。

 

「自分はどう思われているのか、見られているのか、気になる」などもそうですが、
他人から見れば、些細な出来ことであっても
当の本人は精神的にひどく傷ついていることはたくさんあります。

 

このようにストレスを感じやすいタイプの人は以下のような性格を持っている傾向があります。

 

・真面目、几帳面で完ぺき主義
・周りにひどく気を使ってしまう
・感受性が強く、些細なことにもこだわりを持っている

 

思い当たる人はたくさんいらっしゃると思います。

 

完ぺき主義であるが故に、少しの失敗も許せず、失敗しないよう常に緊張していたり、
周りに人が居ると、必要以上に気を使ってしまい、リラックスできなかったり。

 

自分独自のこだわりが強いと、他人のやり方に腹を立てやすくストレスが溜まります。

 

低血圧の原因ともなるストレス度合いをチェックしてみましょう。

 

ストレスチェック

 

どうでしたか?

低血圧の症状もストレスの原因

日常生活におけるストレスに加えて、低血圧の症状によるストレスも感じます。

 

たとえば、朝起きたときに頭痛がしたり、日中頻繁に眩暈や立ちくらみを起こしていると
通常の生活を送る支障になります。

 

また、低血圧は社会に十分な理解を得ているとは言い難いため、
たとえば、低血圧のために朝起きることが困難であるのに、それを理由に休んだりすると
「怠け者」というレッテルを張られて辛い思いをする人もいます。

 

こういったこともストレスの原因になり、ますます低血圧の病状が悪化してしまうのです。

 

私たちは「ストレス」と聞くと、家族や会社の人間関係の複雑さや
親しい人との死別や離婚、失恋などによって感じるものだと決めつけがちです。

 

しかし、ストレスは「環境の変化」によっても感じるものなのです。
転勤・転属によって働く環境が変わり
なかなか思うように仕事が出来ないときにストレスを感じることが挙げられます。

 

しかし、プラスな出来事による「環境の変化」にも私たちはストレスを感じます。

 

たとえば、進学や結婚、出産や就職、昇進など
ふつうは嬉しい出来事と考えられていることでもストレスを感じます。

 

私たちは本当にたくさんのストレスを感じながら生きています。
ストレスは生きていく上で、ある程度は必要だともされています。

 

同じストレスを感じていても平気な人と落ち込んでしまう人がいますが、
違いはストレスの処理能力にあります。

 

ある人は嫌な出来事があってもすぐ忘れたり、ストレスを感じでも上手に発散します。

 

ある人はその出来事を何日も引きずってしまったり、ストレスをため込んでしまう人もいます。

 

低血圧の人の多くは後者の人が多くいるようです。
一人ひとり上手くストレスを発散する方法を探してみましょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

低血圧対策ストレスに強くなる方法
低血圧の原因となるストレスに強くなるための対処法について。
低血圧に似ている病気
低血圧に似ている病気について紹介しています。
低血圧が関係する病気とは
低血圧が関係する病気は何かについて。