低血圧 心と症状

【スポンサーリンク】

低血圧の原因は精神面にも。

低血圧の人は、そうでない人に比べると神経が繊細で過敏である傾向が強いようです。

 

あなたはどうでしょう、心当たりはないですか。
ここでは、低血圧の人に見られる心理的な症状についてまとめてみました。

 

●ストレスに弱い

 

低血圧の人は神経が細やかな分、外からのストレスに敏感になりやすい。

 

また、そのストレスをうまく処理できないことも多く見受けられ、
ストレスと上手に付き合うことが出来ないために以下のような症状を起こしている場合も。

 

・イライラしやすい
・怒りやすい

 

など、精神的に不安定な状態になりやすいと言えるそうです。

 

ストレスをうまく発散出来ないことで、こういった負の感情に心が支配されてしまうのです。
つまり、ストレスも原因になるということです。

神経質

●些細なことを気にしすぎる

 

また、低血圧の人は他人から見れば、
ほんの些細な出来事にも神経を使いすぎる傾向があります。

 

人から自分はどう思われているか、見られているか、
ということを日ごろから気にしすぎる人もいますね。

 

そのために同じ出来事が起こっても、
ふつうの人はすぐ忘れたりするところをいつまでたっても考えてしまうのです。

 

根にもってしまいすぎることもあり、ストレスが溜まり続ける原因にも。

 

また、実際に起こった出来事だけではなく、未来への不安も強く感じます。

 

これから起こることへの不安を持っていることが多く、いつも心配し過ぎてしまい
結局無事に現実へ対処できたときに「取り越し苦労だったか…」とわかるのです。

 

このような、気にしすぎるという行為は、非常に心が疲れやすく
精神的にまいってしまうこともあります。

 

ある程度は、「ありのままに、思うがままに」で、気にすることもほどほどに。
わかっていても、現実はうまくいかないものですが、
ときに開き直ることも必要だったりするものです。

精神の病

●うつ状態が続く

 

さまざまな出来事にネガティブに反応してしまうことで
毎日の生活で精神をすり減らし、
しまいにはうつ状態に陥ってしまうケースも少なくはありません。

 

うつに関しても、自分がうつだと気づいていない人も多くいます。

 

低血圧の人は、周りに気を遣ったり、考えすぎたりして、
いつもストレスを感じて生活しています。

 

その行為自体がストレスを感じる原因だと気づいていない
という人が多いともいえるでしょう。

 

ストレスを感じる状態が続くと慢性的に心が塞ぎ込んでしまうのです。

 

このようなネガティブな心理的症状を羅列してしまうと、
「低血圧になると、いいところなんて無いじゃないか…」と思われるかもしれませんが、
そうではありません。

 

実際、デザイナーやアーティスト、プログラマーなどのクリエイティブな仕事に
向いているのは神経が細やかで、感受性が強い人なのです。

 

欠点とも見られやすい特徴を生かすことが出来る分野で活躍することも可能なのです。

【スポンサーリンク】

関連ページ

低血圧の原因。身体的症状とは
低血圧の身体面が原因の詳しい症状について。
低血圧の原因。環境的症状とは
低血圧の原因となる、環境的症状について。
低血圧を改善するために
低血圧から救われるために改善できることについて。
低血圧の症状を緩和するリラックス法
低血圧の症状を緩和するリラックス法について。