低血圧 治る

【スポンサーリンク】

低血圧は治せます

低血圧は体質や生活習慣によって発症する病気です。

 

そのため、
体質だからと体質のせいにしてあきらめるのではなく、生活習慣を改めれば治る病気です。

 

生活習慣は自分で変えることができますね。

 

低血圧を治せるかどうかは、患者さん自身が強い意志で「治したい」と思うことに掛かっています。
積極的に健康的な生活を送ることが大切です。

 

治療の第一歩は、自分の病態を知ることですから、まずは、自分の血圧の値を調べてみましょう。

 

血圧は1回だけではなく、何回も測るようにしましょう。
というのは、血圧は絶えず変化しているからです。

 

どうして変化するのかというと、その変化は気温や、体位やストレスなどに
身体がさらされている環境に対応するためのものだからです。

 

変化しやすい血圧を正しく評価するためには、何回も測定することが必須です。

 

1日に何度もというよりは、日時を変えて、さらには体位を変えたときの血圧や
運動した時の血圧を測ることを進められています。

 

回数の目安としては「3回以上」測定することをお勧めします。

 

すべての病気に言えることですが、
特に低血圧の治療は患者自身の治したい!という治療意欲に依存しています。

 

そのため、ドクターと患者が、お互いに情報を提供・共有しあって、
患者の病態を正しく理解したうえで、治療法を選択することが非常に大切になります。

 

無理のない治療法を選択することは、
ドクターが病状や治療方針を分かりやすく説明し、患者が納得し、同意をするという
「インフォームドコンセント」にも関係しています。

 

この「インフォームドコンセント」を実現するためには、ドクターの適切な態度が必要です。

 

また、ドクターはいかなるときも「治療の主体は患者」だということを忘れてはいけないのですが、
残念なことに、低血圧はまだまだ世間で理解を得られていません。

 

そのため、低血圧を治療している過程で不安になる患者も多いのです。
ドクターは低血圧患者を安心させるための態度や言葉掛けを心がけることが大切ですが
できていないドクターも中にはいるでしょう。

 

患者が安心して自分の病態に向き合い、前向きに治療を行おうとする意欲は
低血圧治療においてなによりも効果があるクスリになるのです。

 

そんなときは低血圧の専門医がいる病院を選んだり、自分に合うドクターを探したほうがよいです。

 

【スポンサーリンク】

関連ページ

低血圧が起こる原因
低血圧の原因や起こりやすい人の特徴について。
低血圧症はこうやって起こる!
低血圧症はどんなときに起こるのかについて。
低血圧と貧血の違い
低血圧と貧血の違いについて
低血圧は長生きする?
低血圧は長生きしやすいのか、について。